インド政府は財政赤字の削減目標を緩めた。高額紙幣廃止によって景気が失速しかねないとの警告が政府顧問から上がったことを受け、モディ首相は影響緩和のために歳出を拡大する。

  ジャイトリー財務相は1日に議会で、4月1日に始まる新会計年度の財政赤字の対国内総生産(GDP)目標を、従来の3%から3.2%にすると表明した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では3.3%が予想されていた。

  格付け各社はインドの財政赤字が同国の格付け引き上げの制約要因だと指摘してきており、赤字が拡大すれば、その判断に影響を与える可能性がある。

  ジャイトリー財務相の経済顧問団は1月31日に示した報告書で、今年度の経済成長率が6.5%まで鈍化する可能性を指摘した。従来予想は7.1%だった。

原題:Modi Eases Deficit Goal, Heeding GDP Warning on India Cash Ban(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE