ドイツの自動車メーカー、ダイムラーと配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズは1月31日、ウーバーのサービス網への自動運転車の供給と運営で協力することで合意したと発表した。

  ダイムラーは自動運転車を「向こう数年」以内に米ウーバーの配車サービス網に投入する計画。合意の具体的内容はほとんど明らかにされていないが、今回の合意はウーバーが配車サービス網に他社の技術を受け入れることに意欲的であることを示す。

  ダイムラーはこれまで独自の自動運転技術開発に積極的だったが、ウーバーとの提携で技術的な準備が整えば自動運転車事業を収益化できる強い立場を得られる可能性がある。ただ、ダイムラーの広報担当ヘンドリック・ザックマン氏によれば、今回の合意に自動運転車向け技術の共同開発で提携する計画は含まれていない。

  ウーバーのトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)はブログへの投稿で、「当社には乗用車生産の経験がなく、実際に製造が極めて難しいことから、ダイムラーなどの自動車メーカーは当社の戦略にとって重要だ」と指摘。「自動車工場を訪れ、乗用車の設計や試験、組み立てにどれだけの努力が必要かを知った後、そのことが非常にはっきりした」と説明した。

原題:Uber, Daimler Strike Partnership for Self-Driving Vehicles (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE