オーストラリアのターンブル首相は1日のキャンベラでの演説で、有権者が政権に対する不満を示す状況で、経済的により厳しい時期が今後待ち受けていると国民に警告する。

  ターンブル首相は「わが国は経済成長が続いた過去25年間は良好な状態が継続してきたが、オーストラリアの多くの地域の状況はそれほど順調でなく、雇用が減り、将来の見通しも従来ほど明るくないというのが現実だ」と訴える。

  首相はまた、環太平洋連携協定(TPP)からの米国の離脱にもかかわらず、自由貿易による恩恵を強調し、「インドやインドネシア、欧州連合(EU)と現在進めている交渉や、やがて行われる英国との交渉を通じて、われわれが輸出市場の拡大に向けた取り組みを続ける理由はそこにある」と表明する。

  昨年12月に公表された世論調査結果によれば、最大野党の労働党と与党保守連合のどちらを支持するかとの質問で前者の支持率が52%となったのに対し、後者は48%にとどまり、ターンブル首相自身の支持率も41%と2ポイント低下した。

原題:Turnbull Warns of Tougher Times for Aussies as Popularity Wanes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE