米下院金融委員会副委員長のマクヘンリー議員(共和)は、米金融規制監督当局に対し、トランプ大統領が当局の仕事ぶりを点検し、交渉担当トップを交代させる機会を持つまで、国際的な合意をめぐる協議をストップさせるよう呼び掛けた。

  同議員は連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長に宛てた1月31日付の書簡で、「トランプ大統領が米国にとって最善の利益を優先する当局者を指名する機会を持つようになるまで、連邦準備制度は米企業に負担を負わせる拘束力のある基準について交渉する全ての取り組みを停止する必要がある」と求めた。

  マクヘンリー氏ら共和党議員は、銀行規制監督当局の指針づくりに向けた国際的な交渉を繰り返し批判。プロセスが不透明で、米国の当局に外国が意見を押し付けるのを可能にしてきたと主張している。同議員は書簡で「外国の国際官僚」と連邦準備制度が協議を続けるのは容認できないとし、連邦準備制度には参加の権限がないと論じた。

  書簡はまた、国際的なプロセスはあまりにも秘密主義で、一連の合意で「米国の雇用が破壊されている」と指摘。既存の合意は「包括的な見直し」が必要となる公算が大きいとしている。

  FRBのエリック・コーリング報道官は、当局が書簡を受け取り、返答を計画していると述べた。

原題:Yellen Urged to Halt Talks on Global Bank Rules for Trump Review(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE