安倍晋三首相は1日午前の衆院予算委員会で、トランプ米大統領との首脳会談では、米国の雇用やインフラ整備などへの日本の貢献について協議する考えを明らかにした。自民党の茂木敏充政調会長の質問に答えた。

  首相は首脳会談では、これから日本が「米国の産業界全体の生産性の向上」や「競争力の強化」、「雇用」にどのような貢献をしていくのか、トランプ氏が示しているインフラ整備に「日本がどういう形で協力していくことができるか」など「大きな枠組みにおいてしっかりと話をしていきたい」と述べた。

  協力関係を深めることで、「両国とも大きく成長していくことを示すものにしていきたい」と指摘。トランプ氏とは「しっかりと腰を据えて、いわばがっぷり四つで話し合っていきたい」とも語った。

  安全保障に関しては、「日本に対する攻撃には米国が必ず報復する、それが抑止力になる」と明言。首脳会談を通じて「トランプ大統領の間でこの同盟関係が確固たる信頼関係の上に成り立っているということを内外に示す」と話した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE