ドイツ南部ミュンヘン市内の横道に入りカフェなどの前を通り過ぎると、計2兆ドル(約230兆円)規模の資産を運用する会社の建物が現れる。

  独アリアンツの資産運用部門アリアンツ・アセット・マネジメント本社。その5楷で、上品な身なりのその女性は神経を集中させ、前かがみになって質問に答えた。両手にはコーヒー用のマグカップ。カップには「Integrity(高潔さ)」の文字が6カ国語で書かれている。

  世界の金融業界で最も有力な女性の1人、ジャッキー・ハント氏(48)だ。南アフリカ共和国出身の同氏は、アリアンツ・アセット・マネジメントとアリアンツの米生命保険部門を統括する。アリアンツ・アセットは傘下にパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)とアリアンツ・グローバル・インベスターズ(AGI)を抱えており、同氏は昨年7月にその責任者となった。

ジャッキー・ハント氏
ジャッキー・ハント氏
Bloomberg

  ハント氏の下でPIMCOは2013年以降初めて資金が純流入に転じた。共同創業者で花形運用者だったビル・グロース氏退社後の厳しい時期を脱した形だ。しかしハント氏はそれを自分の手柄とはしていない。インタビューで同氏は「転換点に間に合うようにここに加わることができたのは光栄だ」とした上で、「私が入社する前の多くの人たちの多大な努力のたまものだ」と語った。

  ハント氏は会計士として研さんを積んできたが、資産運用の経験はほとんどない。運用業界は手数料が低下している上に超低金利でリターンが損なわれているほか、投資家が低コストのパッシブ戦略を求めてアクティブ運用者を敬遠するなど厳しい状況にあり、再編圧力にさらされている。アリアンツが2000年に傘下に収めたPIMCOの資産は3年にわたる資金流出で約4分の1減少し、1兆4700億ドルとなった。14年のグロース氏退社をめぐるトラブルは同社のブランドを傷つけ、アリアンツへの批判的な見方が高まった。

  ハント氏は何を魅力に感じて今の仕事を引き受けたのだろうか。「チャレンジのない組織に入ることには興味を覚えなかっただろう。アリアンツで私は貢献できると感じた」と同氏は語った。ハント氏は現場とより一体になって仕事をし、各運用者がグループ全体の動きに確実に足並みをそろえるよう戦略的な方向性を指揮するとみられている。

  ハント氏はデロイト・トウシュの監査マネジャーを経て、英エディンバラに本社を置く保険会社スタンダード・ライフで2010-13年に最高財務責任者(CFO)を務めた。その後、英保険プルーデンシャルで英国と大陸欧州の保険事業を率い、同社の最高幹部となった。

  同氏は資産運用と保険の境界は不明瞭になっていると話す。「顧客は商品については気にしない。結果を気にする」とし、究極的に彼らが求めるのはリターンという同じものだと語った。

原題:Allianz’s $2 Trillion Job: Meet the Woman in Charge of Pimco(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE