31日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は昨年11月半ば以来の低水準を付けた。トランプ米大統領は他国が自国通貨の価値を押し下げていると主張した。この発言を受けて、ドルは下げ足を速めた。

  月末特有のポートフォリオリバランスに関連した動きも、ドルの下げを増幅した可能性がある。10年債利回りが2.43%前後のこの日の最低水準に下げると、ドルは下げ幅を広げた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対して前日比0.9%安の1ドル=112円80銭。対ユーロでは1%安の1ユーロ=1.0798ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.7%低下。

  トランプ米政権が新設した国家通商会議(NTC)のナバロ委員長がドイツはユーロの「甚だしい過小評価」を悪用して貿易での優位性を高めていると批判したことから、朝方の取引ではドル売りが先行した。メキシコ国境の壁建設表明に続き、移民制限の大統領令発令で不透明感が高まる中でこれらの発言が伝わったため、「トランプ・リフレ・トレード」の勢いは弱まりつつあるとの見方が強まった。

  ウニクレディトの外為戦略世界責任者、バシレイオス・ギオナキス氏はリポートで「米政権は為替レートを通商政策実行の基準点と考えている」と指摘、「ドル安政策へのシフトは自国通貨上昇につながりがちな関税設定と相いれない」として、31日の発言は矛盾でねじれた政策をさらに混乱させると述べた。

原題:Dollar Drops to Lowest Since November as Trump Rattles Markets(抜粋)
Trump Schools Dollar Bulls With Currencies for ‘Dummies’ Lesson

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE