中東・アフリカ7カ国の国民の入国を一時的に禁止する米大統領令は違憲だとしてトランプ大統領を提訴する動きにニューヨーク州とマサチューセッツ州も加わった。

  ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官とマサチューセッツ州のヒーリー司法長官は1月31日、トランプ氏の27日の大統領令が米国憲法に違反するとして人権団体が起こしていた訴訟への参加をそれぞれ表明した。

  シュナイダーマン長官は声明で、トランプ氏の大統領令は「違憲、非合法であり、根本的に非アメリカ的だ」と批判。「軽率で無責任な」措置で「家族を混乱に陥れた」とした。

  また、不法移民を保護している「サンクチュアリーシティー(聖域都市)」への連邦資金交付をやめる1月25日の大統領令について、サンフランシスコは31日、移民の権利を侵害するとともに、州の権利を保障する憲法修正第10条に違反するとして大統領を提訴した。この大統領令をめぐって訴えを起こした市は、サンフランシスコが初めて。

原題:Massachusetts, N.Y., San Francisco Suing Trump Over Orders (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE