トランプ・トレードが裏目に出ている。米大統領と政府当局者らはドルが高過ぎると重ねて発言し、新政権の成長重視政策がドル相場を押し上げるとの期待を修正せざるを得なくなったドル強気派に痛い教訓を与えた。トランプ大統領と側近は31日、通貨が過小評価されているとして日本とドイツに矛先を向け、対米貿易で不公正な優位を享受しているとの批判を、中国とメキシコ以外にも広げた。

  他国が自国通貨の下落を誘導するのを米国は実験ダミーのように黙って見ているだけだと、トランプ大統領はワシントンで苦言。トランプ政権が新設した国家通商会議(NTC)のナバロ委員長はこれより先、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、ユーロは「甚だしく過小評価されている」と批判した。

ドイツ、ユーロの「甚だしい過小評価」を悪用とトランプ氏側近-FT

  貿易を重視する米政権の姿勢はドルの見通しを曇らせた。ドルはここ5週間で下落し、大統領選以降の上げの3分の1を返上した。ゴールドマン・サックス・グループやドイツ銀行などはドル上昇を見込み、年内に対ユーロ等価に達すると予想しているが、トランプ大統領はドル安を望む姿勢を示唆している。

  みずほバンク(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、シリーン・ハライリ氏は「世界に向けたメッセージだ。これが米国の政策であり新しいアプローチだということを言っている」とブルームバーグテレビジョンとのインタビューで述べた。

  ウニクレディトの外為戦略世界責任者、バシレイオス・ギオナキス氏はリポートで「米政権は為替レートを通商政策実行の基準点と考えている」と指摘、「ドル安政策へのシフトは自国通貨上昇につながりがちな関税設定と相いれない」として、31日の発言は矛盾でねじれた政策をさらに混乱させると述べた。

原題:Trump Schools Dollar Bulls With Currencies for ‘Dummies’ Lesson(抜粋)
Trump Schools Dollar Bulls With Currencies for ‘Dummies’ Lesson

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE