フランス経済は昨年10ー12月(第4四半期)に成長が加速した。ドイツとスペインに比べ出遅れていたフランスにもユーロ圏の景気回復が広がってきた。域内のインフレも同時に上向いていることから、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和の縮小開始についての議論に弾みが付きそうだ。

  仏国立統計経済研究所(INSEE)が31日発表した10-12月GDP速報値は前期比0.4%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値に一致した。7-9月は同0.2%成長だった。

原題:French Economy Accelerates, Stoking Debate About ECB Tapering(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE