中国が2026年までに米国を抜き、原子力発電で世界一になる。BMIリサ-チはこうみている。

  同社のアナリストは1月27日付のリポートで、中国が原子力の発電容量を26年までにほぼ3倍の100ギガワット近くに増やすと予想した。昨年の増加分は約8ギガワットだった。

  発電で石炭への依存を小さくしたい中国は、原子力発電所の増強に取り組んでいる。15年の発電全体に占めた原子力の割合は約1.7%だった。

  国際エネルギー機関(IEA)によれば、中国は現在、原子炉20基を建設中。中国ではそれとは別に、他国をはるかに上回る176基が計画もしくは提案されていると世界原子力協会は指摘している。

原題:China’s Nuclear Power Fleet Seen Overtaking U.S. Within Decade(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE