トランプ米大統領は30日、政府機関の各責任者に対し、新たな規制を設ける際には1規制につき既存の規制2つの撤廃を提案するよう命じる大統領令に署名した。複雑な手続きに縛られる政府機関には気の遠くなるような目標設定だ。

  トランプ氏は大統領執務室で中小企業幹部に囲まれながら大統領令に署名した。ただ、選挙後すぐに示した規制緩和の公約を実行するのは、大統領令に署名するよりも難しいことが明らかになりそうだ。

  ブルッキングズ研究所のガバナンス研究担当ディレクター、ダレル・ウェスト氏は「実施するのは難しいだろう。規制を変更するには行政面での細かなプロセスやパブリックコメントの募集が必要になるためだ」とし、「政府機関の責任者が一夜にして突如規制を撤廃できるということではない」と述べた。

  規制を撤廃することはそれ自体が規制プロセスであり、複数の案を審査して業界や業界団体、個人から受け取った数千件、あるいは数百万件にも上る意見に対応するため数カ月に及ぶ作業となり得る。このプロセスで不当な扱いを受けた団体から訴訟で異議を申し立てられる恐れもある。
 
原題:Trump’s Bid to Slash Regulations Faces Bureaucratic Roadblocks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE