メッセージアプリ「スナップチャット」を手掛ける米スナップは、年内にニューヨーク証券取引所に上場する計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  スナップはすでに米証券取引委員会(SEC)に非公式に新規株式公開(IPO)関連の情報を提出している。今週中には正式発表がなされる可能性があると別の関係者が先週述べていた。

  米フェイスブックが2012年にナスダックに上場した際、取引所側の問題で取引遅延や障害が発生。以後、米ツイッターは13年に、中国のアリババ・グループ・ホールディングは14年にニューヨーク証取に上場している。それ以前、アップルやアルファベット傘下のグーグルはナスダックを上場先に選んでいた。

  スナップとニューヨーク証取、ナスダックはコメントを控えている。

原題:Snap Said to Choose NYSE Over Rival Nasdaq for Upcoming IPO (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE