ユーロ圏債務危機の後遺症と長年の低成長の中で苦しんできた欧州の銀行について、明るい見方が浮上しつつある。アナリストらは欧州の景気見通し改善や債券利回り回復を織り込んで銀行の業績予想を上方修正。6年にわたる下方修正から転じたアナリストらは欧州の銀行の営業増益率予想をこの10カ月に約8ポイント引き上げた。

  ブルームバーグのデータによれば、銀行の今年の営業利益は22%増が見込まれる。これは2010年来の高い伸びで、ストックス欧州600指数銘柄の14%を大きく上回る。

  デグルーフ・ピーターカムのマクロ調査責任者、ブルーノ・コールマン氏は、銀行業績について過去数年間に何度も「偽りの夜明け」があったが「今回はマクロ環境が本当に改善している。利回りが上昇基調にあるほか、銀行のコスト管理も大きく改善した」と電話で話した。

  かなりの利益の伸びが見込まれる一方、株価は割安な水準にとどまっている。向こう12カ月の予想利益を基にした株価収益率(PER)はストックス600指数の全体が約15倍に上るのに対し、銀行株指数は12倍前後でしかない。バークレイズ、ソシエテ・ジェネラル、クレディ・スイス・グループなど、銀行株指数の構成銘柄の半数以上が株価純資産倍率(PBR)で1倍を下回る。

  スイスのUBSグループが1月27日に発表した2016年10-12月(第4四半期)の税引き前利益は前年同期比で3倍以上に増えた。

原題:European Banks Get Profit Upgrades After Undershooting Six Years(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE