30日の米株式市場で、航空株は一時3カ月ぶりの大幅下落。トランプ大統領が署名したイスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令が、フライトの規制強化につながるとの懸念が高まった。

  投資家は米入国制限の拡大や他国による報復を懸念していると、スタイフェル・ファイナンシャルのアナリスト、ジョー・デナルディ氏は指摘した。

  ブルームバーグ米航空株指数は一時4.3%安と、日中ベースで3カ月ぶりの大きな下げ。アメリカン航空グループは一時6.6%安と、7カ月ぶりの大幅な値下がりとなり、米主要航空銘柄で最大の下落幅を記録した。デルタ航空は4.1%安で終了。国内市場に重点を置く航空株の下げはこれより小幅にとどまった。

原題:U.S. Airlines Tumble Amid Fear Trump Travel Ban Will Spread (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE