30日のニューヨーク外国為替市場でドルが対円などで下落。トランプ米大統領が27日に署名したイスラム圏7カ国市民の入国を禁止する大統領令や、それ以前に表明していた国境税を課す方針を受けて保護主義への懸念が強まり、ディフェンシブな動きが復活した。

  ドルは米国株とともに下落。世界的な株安となる中、米国債利回りの大半が低下した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対して前週末比1.2%安の1ドル=113円77銭。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.0695ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%低下。

  トランプ大統領の行動で、米企業の先行き不透明感が深まっている。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合が31日から2日間の日程で始まるのを控えてドルは動きづらく、旧正月の祝日でなお休場の市場があるために商いは薄かったと、ロンドンや欧州、トロントのトレーダーが匿名を条件に話した。

  この日のドルの下げは、金融政策の先行きの違いに注目した先週後半からのドル上昇の反転だと言える。

  ドルは対円で一時、113円45銭まで下落した。S&P500種の下落につれて下げ、113円50銭をやや下回る水準で控えていた買いをこなして下げた。ロンドンのトレーダーによると、円はスイス・フランとともに逃避通貨としての需要から上昇した。

  ユーロは対ドルで一時1.0620ドルまで下げた。ドイツのインフレ指標が予想を下回ったことが売りを誘った。

  

原題:Dollar Drops as Trump’s Orders Rattle Markets; Pound Also Falls(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE