昨年12月の米個人消費支出(PCE)は3カ月ぶりの大きな伸びとなった。個人所得も増加した。

  米商務省によると、12月のPCEは前月比で0.5%増と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想に一致した。前月は0.2%増。個人所得は0.3%増。市場予想(0.4%増)には及ばなかった。

  インフレ調整後のPCEは前月比で0.3%増と、3カ月ぶりの高い伸び。特に自動車などの耐久財支出が増えた。2016年通年は実質ベースで2.7%増と、ここ3年で最低だった。

  個人所得は通年で3.5%増と、2013年以降で最も小幅な伸びだった。

  PCE価格指数は前月比で0.2%上昇、前年比では1.6%上昇した。食品と燃料を除くPCEコア価格指数は前月比が0.1%上昇、前年比では1.7%上昇となった。

原題:U.S. Consumer Spending Rose in December by Most in Three Months(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE