30日のミラノ市場でイタリアの銀行ウニクレディトの株価が下落。同行は不良債権処理計画の修正案を2月28日までに提出するよう欧州中央銀行(ECB)に求められたと明らかにした。

  同行は130億ユーロ(約1兆5930億円)規模の増資計画の詳細を示す文書を30日に公表。その中で、昨年12月に提出した財務改善計画が信用の質に関するECBの懸念を十分に払拭できなかったと明らかにした。ウニクレディトは80億ユーロ余りの資金を不良債権売却で生ずる損失の穴埋めに活用する計画。

  株価はミラノ時間午前10時59分現在、5.7%安の26.12ユーロ。

原題:UniCredit Drops on ECB Concerns About Bank’s Credit Quality(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE