トランプ米大統領とメキシコのペニャニエト大統領の関係が一段と悪化すれば、米国が想定外の事態に陥るかもしれない。メキシコを含め外国に対する米貿易赤字が拡大し、各国が米国以外の輸出を増やす恐れがあるとバンク・オブ・アメリカ(BofA)が論じた。

  同行のメキシコ・カナダ担当チーフエコノミスト、カルロス・カピストラン氏はリポートで、米貿易赤字の9割は北米以外での取引だと指摘。北米自由貿易協定(NAFTA)に参加するメキシコとカナダからの資源の集約を進めることで、NAFTA加盟3カ国の競争力強化と赤字縮小に寄与することが可能だと分析した。

  同氏は、輸入を減らすことが赤字幅縮小に向けた唯一の手法ではなく、輸出拡大も同じような機能を果たし得ると説明。その上で、より大きく、もっと技術革新力のある企業を生み出すことを支援する輸出拡大は、より「持続可能」であるという付加価値を担保することも可能だと主張した。

原題:Here’s a Crazy Idea: Mexico Can Help Trump Slim U.S. Trade Gap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE