マティス米国防長官はロッキード・マーチンの最新鋭ステルス戦闘機F35と、ボーイングが建造する新たな大統領専用機「エアフォースワン」の調達計画を見直すよう命じた。この2つの政府契約については、トランプ大統領がコストが高過ぎるとして批判していた。

  国防総省のジェフ・デービス報道官は27日の声明で、国防長官の命令は「国防のため可能な限り強力かつ効率的な軍にするよう求める大統領の指示に沿った行動」だと説明した。同日の米株式市場で、ロッキード、ボーイング両社の株価は下落した。

原題:Trump’s Pentagon Chief Orders F-35 Jet, Air Force One Review (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE