トランプ米大統領が難民受け入れ停止の大統領令に署名した直後、米アルファベット傘下のグーグルは影響の及ぶ海外出張中の社員に対し直ちに帰国せよとの強いメッセージを送った。

  グーグルのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は27日の従業員向け文書で、同日署名された難民や一部の国の国民の入国を一時的に停止させるなどとする大統領令を批判、この大統領令により100人余りの従業員が影響を受けることを明らかにした。

ピチャイCEO
ピチャイCEO
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

  ブルームバーグ・ニュースが入手した文書の写しによれば、同CEOは「この大統領令が同僚に与える個人的な犠牲を目にするのは心が痛む」とコメント。「われわれは移民問題に関する見解を常に公に表明しててきたが、これからもそうし続ける」と指摘した。

原題:Google Recalls Staff to U.S. After Trump Immigration Order (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE