米配車アプリ2位のリフトは法人向けサービスを強化するため、半年前に数十人から成るチームを編成したが、今月に入りこのチームの10人以上が退社したり、別の部門に異動となっている。米ウーバー・テクノロジーズと競合する同社が営業の方向性を変えていることを示す一端だ。

  リフトでセールスを統括する最高ビジネス責任者デービッド・バガ氏は、販売サポートと営業活動担当者を中心に17人に影響があったと述べ、「われわれが市場で必要とするものによりうまく合致するようチームを最適化している」と説明した。

  ウーバーと同じくサンフランシスコに本社を置くリフトの全従業員数は約1500人。

原題:Lyft Cuts Sales Staff, Reorganizes Team as Startup Chases Uber(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE