中国が資本流出規制を強化していることで、世界の不動産市場が揺れている。

  ロンドンでは3カ月前に市内の最高層タワーマンションの部屋の購入を強く求めた中国人が、今では頭金の口座振替に苦労している。不動産会社ケラー・ウィリアムズ・リアルティーによると、米シリコンバレーでは物件に関する中国からの問い合わせが年明けから急減。オーストラリアのシドニーでも中国の買い手が撤退して開発業者が「大きな問題」に直面していると、コンサルティング会社ベーシス・ポイントが報告している。

ロンドンの最高層タワーマンション購買促進イベント(2016年11月 北京)
ロンドンの最高層タワーマンション購買促進イベント(2016年11月 北京)
Photographer: Bloomberg

  ケラー・ウィリアムズのブローカーアソシエート、ココ・タン氏(カリフォルニア州クパチーノ在勤)は、中国の本土外への送金が一段と困難になったとし、「全てが変わってしまった」と話す。

  中国が資本流出抑制のための新たな措置を発表して1カ月足らずで不動産会社や住宅所有者、開発業者からこうした報告が相次いでいることは、規制が中国勢の不動産購入熱に既に影響を及ぼしつつあることを示唆する。中国の需要が近いうちに消えると予想する声は聞かれないが、締め付け強化によって、本土外に資産を持たず資本規制回避の専門知識に欠ける住宅一次取得者による購入は抑えられている。

  中国の国家外為管理局は昨年12月31日、人民元を外貨に両替する全ての国民に対し、年間両替枠の5万ドル(約570万円)を本土外での不動産投資に使わないとの誓約書に署名することなどを義務付けた。違反者については当局の監視リストに追加し、外貨両替を3年間禁止するほか、マネーロンダリング(資金洗浄)調査の対象にするとした。

原題:China’s Army of Global Homebuyers Is Suddenly Short on Cash (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE