「途方もなくばかげている」-。ロンドンとフランクフルトの間で超高速トレードを可能にするためエッフェル塔ほどの高さのある電波塔を建設する案に対し、英地方議会はにべもなく却下した。

  この案は英仏海峡に臨むイングランド南東部ドーバーの近郊に高さ300メートルの電波塔を2基建設しようと、米シカゴを拠点とする高頻度取引会社DRWホールディングス傘下のビジラント・グローバル、米同業のジャンプ・トレーディングKCGホールディングスの合弁会社であるニューライン・ネットワークスがそれぞれ提出していた。

  提出から1年待たされたビジラントとニューラインはようやく26日夜、ドーバーの地方議会で公開協議の機会を得た。だが議会はいずれの案も却下。議会の土地計画委員会副委員長を務めるバーナード・ブッチャー氏は、「議員を26年やってるが、これまでで最悪の案だ」とビジラントの提案を酷評。「とにかく景観を損ねる。途方もなくばかげていて、真剣に考えるまでもない」と切って捨てた。

  土地計画を担当するアンドルー・サマービル氏は、建設反対の根拠を説明。電波塔は同地域の観光名所であるローマ時代の城塞(じょうさい)跡の景観を損ねるほか、英国経済にほとんど貢献せず、少なくともビジラントは十分な環境アセスメントを行っていないと指摘した。

  ビジラントの全世界ネットワーク構築担当ディレクターを務めるエリック・ベラーライブ氏は却下の決定に失望感を示しつつ、「提案は金融業界が直面する現実的な問題を解決し、国と地方の経済に大きく貢献できるものだったと固く信じている。今は時間をかけて議会のフィードバックを熟考し、相互に有益な形で計画を進めることができる方法があるか検討することが重要だ」と述べた。

  ニューラインの担当者はコメントを控えた。

  望んだ結果を得られなかった高頻度取引会社だが、最後の手段が一つある。英政府に訴えることだ。法律事務所ピンセント・メーソンズのパートナーで、インフラ計画を専門にするイアイン・ギルビー氏によると、最終的に担当大臣が英経済全体にとって有益だと判断すれば、ドーバー地方議会の決定を覆すことが可能だ。

原題:Speed Traders’ ‘Stupid’ Plan for Fast Network Halted in U.K. (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE