トランプ米大統領は28日に電話でロシアのプーチン大統領と初の公式協議を行うに際し、米国の対ロシア制裁解除を検討することに前向きだ。大統領のシニアアドバイザー、ケリーアン・コンウェイ氏が語った。

  コンウェイ氏は27日にフォックスニュースが放映したインタビューで、電話会議のスタートから制裁解除が議題に上るかと問われ、「そのすべてが検討されている」と発言。「プーチン氏がイスラム過激派テロを打倒する方法について米国と真剣に話し合いたいというなら、われわれは耳を傾ける」と述べた。

  さらに、トランプ大統領はまずロシアにシリアなど国外での行動を改めるよう求めるだろうかとの質問に、コンウェイ氏は「米国第一だ。これは外交政策や安全保障上の動きにも反映される」と答えた。

原題:Trump Aide Says Easing Russia Sanctions ‘Under Consideration’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE