アマゾン・ドット・コムとペイパル・ホールディングスは、アマゾンでの買い物の支払いにペイパルを利用できるようにする可能性について協議した。ペイパルは2015年にアマゾンと競合するeベイから分離された。

  ペイパルのダン・シュルマン最高経営責任者(CEO)は26日、ブルームバーグとのインタビューで、「われわれはアマゾンと協議を行ってきた。当社のユーザーは2億人に迫っている。このような規模では、小売業者がペイパルを受け付けないことは難しい」と語った。

  シュルマン氏によると、両社は「双方の顧客の利益となるよう互いの資産を活用する方法」について主に話し合ってきた。これに関連する発表は予定されていないという。

  アマゾンの広報担当者はコメントを控えている。このニュースを受け、ペイパルの株価は26日の時間外取引で下げ幅を縮小した。

原題:PayPal Has Been Talking With Amazon on Payments, CEO Says (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE