メキシコのビデガライ外相はトランプ米政権との交渉が続くと述べ、米国側がメキシコに壁の建設代金を支払うよう主張しているにもかかわらず、両国が「非常に良い合意」に達することは依然可能だと自信を表明した。ホワイトハウスでの25、26両日の会合後に、ワシントンのメキシコ大使館で記者団に語った。

  同相はトランプ政権が20%の国境税を検討していることに関しては、米国内の製品価格が高くなり、米世帯に打撃を与えると述べた。メキシコと米国の当局者による次の会合がいつ行われるかなど詳細には言及しなかった。

原題:Mexico’s Top Diplomat Says Talks With Trump Team to Continue (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE