26日の米株式市場ではS&P500種株価指数がほぼ変わらず。過去最高値付近で推移した。市場は、最近の上昇が正当化されるか見極めようと企業決算や経済指標に注目している。

  eベイやバイオジェンが高い。決算で利益がアナリスト予想を上回った。一方で玩具メーカーは下落。マテルの決算を受けて失望感が広がった。また医薬品卸売りなどを手掛けるマケッソンが医薬品の値下がりを指摘したことに反応し、関連株に売りが広がった。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%未満下げて2296.68。ダウ工業株30種平均は0.2%上昇し20100.91ドル。 

  S&P500種の業種別11指数では金融や資本財・サービスの指数が高い。素材も上昇。不動産は一時0.6%高まで上げる場面があったが、結局下げて終了した。

  ヘルスケアの指数は0.7%安。ここ8営業日で7回目の下げとなった。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は午後4時時点で0.7%低下の10.73と、14年7月以来の低水準。

  個別銘柄の動きでは建設・鉱業機械メーカーのキャタピラーが1%安。同社が示した2017年通期の売上高と利益の予想はアナリスト予想を下回った。サウスウエスト航空は9%上昇。

原題:U.S. Equities Hover Near Record as Financial Shares Advance(抜粋)
原題:U.S. Stocks Mixed Amid Earnings as Dollar Rebounds: Market Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE