フォード・モーターはメキシコ工場建設計画を白紙撤回したことに関連し、2億ドル(約230億円)の費用を計上した。トランプ新大統領と友好関係を築くためのコストと言えそうだ。

  この費用でフォードの16年10-12月純損益は、約8億ドルの赤字に沈んだ。同社の四半期赤字は2009年以来初めて。前年同期は19億ドルの黒字だった。メキシコ工場中止費用や年金プランの損失を除いた1株利益は30セントとなり、アナリスト予想に一致した。

  今後4年間のフォードの業績は、自動車の生産場所ににらみを利かせ燃費基準の緩和を匂わせるホワイトハウスの意向に左右される。メキシコ工場建設を白紙に戻し、米国で700人の追加雇用を決めたことはトランプ大統領の称賛を浴びた。

  今週すでに2回大統領と会談したフォードのマーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)は26日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「大統領は米経済と企業を非常に大事にするだろう」と発言。ただ、米自動車市場は「頭打ち」だとし、「新工場を建てる計画はない。それでも当然、われわれは事業を成長させ続けることを望んでいる」と述べた。

  フォードは今年の減益見通しをあらためて表明。電気自動車開発で約45億ドルの投資計画に着手するほか、自律走行車にも資金を投じることが響くとしている。

原題:Ford Puts $200 Million Price Tag on Mexico Closure Trump Cheered(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE