英政府は欧州連合(EU)離脱手続きの正式な開始を告げるリスボン条約50条の発動について、2週間以内に関連法案の下院通過を目指す。メイ首相は当初の計画通り、自ら設定した3月31日の期限までの発動を狙っている。

  この法案は26日公表された。下院は31日に審議を開始する。政府は野党や与党保守党内の親EU派議員から修正案が出る可能性を抑えたい意向で、法案はわずか137語にまとめられた。

  デービスEU離脱担当相は「議会はEU残留の是非を問う国民投票実施を6対1で支持した。英国民の下した判断を議会が尊重し、速やかに法案を成立させると信頼している」との声明を電子メールで配布した。

  この法案に盛り込まれたのは、英国の離脱意志をEUに通知する権限を首相に付与することを定めた2項のみ。下院では2月8日に最終的な採決が行われ、成立すれば非公選議員から成る上院に回付される。

原題:U.K. Commons to Complete Article 50 Bill Debate in Two Weeks (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE