米建設・鉱業機械メーカー、キャタピラーが示した2017年通期の売上高と利益の見通しはアナリスト予想を下回った。鉱業・エネルギー業界に持ち直しの兆候は見られるが、同社製品の需要回復にはまだつながっていない。

  26日の同社発表によると、通期の売上高は360億-390億ドル(約4兆1200億-4兆4600億円)のレンジで、中間値を375億ドルと予想。中間値はブルームバーグがまとめたアナリスト16人の予想平均(381億ドル)を下回っており、5年連続の減収となる可能性を示唆している。リストラ経費を除く利益の見通しは1株当たり2.90ドルが中間値。市場予想は3.08ドルだった。ブルームバーグデータによると、17年通期の売上高が予想通り375億ドルにとどまれば、09年のリセッション(景気後退)以来の低い水準となる。

  キャタピラーは中古の建機が引き続き利用可能なことが今年の販売の重しになる上に、鉱山会社の設備投資が横ばいにとどまるとの見方を示した。同社は昨年12月、一部市場で低調な環境が続く中、市場は同社の利益予想を過大に見積もっていると指摘。26日には、トランプ米大統領によるインフラ支出計画と税制変更の恩恵は恐らく18年のいずれかの時期まで見られないとの予想を明らかにした。

  同時に発表した16年10-12月(第4四半期)決算は、リストラ経費を除く1株利益が83セントと、アナリスト予想平均の66セントを上回った。売上高は13%減の95億7000万ドルだった。16年通年の売上高は385億ドルで、前年の470億ドルから減少した。

原題:Caterpillar Forecasts Fall Short as Demand Slump Persists (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE