電子商取引で中国最大手アリババ・グループ・ホールディングを創業した馬雲氏が経営権を持つアント・ファイナンシャル(螞蟻金融服務集団)は、送金サービスの米マネーグラム・インターナショナルの買収で合意した。海外事業の拡大を図るアントにとっては米国で2番目の買収案件となる。

  アントはマネーグラムを8億8000万ドル(約1000億円)で買収し、銀行・モバイル口座が24億に上るマネーグラムのネットワークをアントの顧客と結び付ける。

  26日の発表資料によれば、アントはマネーグラム1株に対し現金13.25ドルを提示。25日の株価終値に約11.5%上乗せした。マネーグラムはこれまで通りテキサス州ダラスを本拠とし、現行ブランドで事業を展開する。26日の同社株は8.8%高の12.92ドルで終了。昨年10月以来の大幅上昇となった。

  非上場企業のアントは昨年、生体認証ソフトウエアを手掛けるミズーリ州カンザスシティーのアイベリファイを買収している。

原題:Jack Ma’s Ant Financial Buys MoneyGram for $880 Million (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE