液体燃料生産で世界最大手、南アフリカ共和 国のサソルは26日、昨年7-12月(上期)の利益が最大44%減少したも ようだと発表した。為替差損や南アの合成燃料設備でのストライキが影 響した。

同社の資料によれば、一時的な項目を除いた1株利益(ヘッドライ ン利益、HEPS)は8.26-10.68ランドに減少。前年同期は24.28ラン ドだった。1株利益(EPS)は12-22%増えたとしている。

南ア・ランドの対ドル上昇に伴う為替差損約13億ランド(約112億 円)が生じたほか、セクンダで展開している事業での労働争議が約10億 ランドの経費につながったと説明した。

原題:Sasol First-Half Profit Fell as Much as 44% on Currency, Strike(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE