米アップルはバークシャー・ハサウェイ・エナジーの子会社と共同でネバダ州に200メガワットの太陽光発電施設を建設し、その電力を同州リノの自社データセンター向けに購入することで合意した。

  ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイ・エナジーが所有するNVエナジー(ラスベガス)は25日の発表資料で、この電力購入契約の認可をネバダ州公益事業委員会に求める計画であることを明らかにした。契約条件は公表されていない。

  NVエナジーの広報担当ジェニファー・シューリヒト氏は電子メールで、同プロジェクトの建設はテクレン・ソーラーが行うと説明した。2019年の早い時期に完了予定。

原題:Apple Agrees to Buy Solar Power From Buffett’s Nevada Utility(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE