25日の欧州株式市場は世界的な株高の後押しを受けて続伸。企業業績への楽観で指標のストックス欧州600指数は昨年11月以来の上げ幅を記録した。

  ストックス欧州600指数は前日比1.3%高の366.59となり、2015年12月以来の高値に達した。国債利回りが上昇したうえ、スペインのサンタンデール銀行が発表した10-12月決算が予想以上だったため、銀行株と保険株が上げを主導した。この日はアジア株が上昇し、米ダウ工業株30種平均は初めて2万ドルを突破した。

  個別では、サンタンデール銀行が4%高と12月8日以来の大幅上昇を遂げ、銀行株の上げをけん引。スイスの製薬会社ノバルティスは2.4%高。50億ドルの自社株買いを提案したほか、苦戦する眼科部門の分社化を検討していると明らかにしたことが好感された。

原題:Banks Lift Europe Stocks to Highest Since ’15 as Santander Gains(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE