イングランド銀行(英中央銀行)は、当初1年半としていた社債買い入れプログラムを前倒しして終了する可能性があると明らかにした。投資家の売り意欲が予想以上であることを理由に挙げた。

  イングランド銀の市場担当エグゼクティブ・ディレクター、クリス・サーモン氏は24日、ロンドンで行った講演で「われわれがあり得ると考えていたよりも早く、購入プログラムを完了できる可能性があるように思われる」と発言。中央銀行の買い入れが流通市場の流動性を「われわれが容認できる以上に」拡大させたことも背景にあると示唆した。

  国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択されたことを受け、イングランド銀行は国内経済を下支えするため約4カ月前に社債購入に着手。それ以来、100億ポンド(約1兆4300億円)に設定した購入枠の半分以上を既に費やした。買い入れを前倒しで終了させる場合、市場を急落させずに軟着陸させるという課題に向き合うことになる。

  HSBCホールディングスのクレジット・ストラテジスト、ジェイミー・スタッタード氏は今週配布した投資家向けリポートで「イングランド銀行が買い入れを停止した後の市場で、買い手がいるのか懸念している」と指摘。「社債のテーパリングを果たした中央銀行はどこにもない」と続けた。

  イングランド銀は英企業または同国内で大規模に事業を展開する外国企業が発行したポンド建ての投資適格級債券を対象に、買い入れを実施。これまでの買い入れ額は52億9000万ポンドに達した。

原題:BOE Says Corporate-Bond Buying Program May End Ahead of Schedule(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE