25日の米株式市場で米ボーイングが上場来高値を付けた。ワイドボディー機(複数通路機)市場が動揺に見舞われる中でも「787」ドリームライナーの単位原価が販売価格を下回り、10ー12月(第4四半期)の増益に寄与した。

  航空機メーカー世界最大手のボーイングは787に加え、生産加速が見込まれる単通路機「737」が今年の収益を押し上げると期待している。737は格安航空会社の主力機。同社は25日の決算発表で、キャッシュフローと利益が増加する見通しを示したが、通期売上高については「777」ワイドボディー機の減産が響き前年を下回ると予想した。

  ボーイング株の25日終値は4.2%高の167.36ドル。

原題:Boeing 787 Dreamliner Turns Into Rainmaker, and Shares Soar (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE