米投資会社ルネサンス・テクノロ ジーズが運営し、株式を中心に投資するヘッジファンドは、昨年の運用成績がプラス21.5%となり、S&P500トータルリターン指数の上昇率(12%)の倍近いリターンを残した。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、「ルネサンス・インスティテューショナル・エクイティーズ・ファンド」は昨年12月の運用成績がプラス5.8 %と好調で、通年のパフォーマンスが押し上げられた。投資家に宛てた文書によれば、同ファンドは4年連続で2桁のプラスリターンを達成した。

  資産家のジム・シモンズ氏が創業したルネサンス(運用資産額360億ドル=約4兆800億円)は、コンピューターを駆使するクオンツ投資のヘッジファンド運営会社の中で、過去最も成功した例と考えられている。他の多くのクオンツファンドが苦戦する中で、同社のファンドは昨年プラスのリターンを確保。HFRIマクロ・システマティック・ディバーシファイド指数の昨年のパフォーマンスはマイナス1.3 %にとどまった。

原題:Renaissance Stock Fund Jumps 22% in 2016, Besting Other Quants(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE