メキシコのグアハルド経済相は24日、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉について、自国が望む結果にならなければ離脱する意向であることを明らかにした。同国のテレビ局テレビサとのインタビューで語った。

  同相は「他に選択肢はないかもしれない」と指摘。「われわれが既に得ているものより少なければ、残るのは合理的でない」と述べた。

原題:Trump Nafta Revamp May Hinge on Partners’ Readiness to Talk (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE