ロンドン金属取引所(LME)の暫定最高経営責任者(CEO)に23日、マシュー・チェンバレン氏(34)が指名された。主要取引所を率いる人物としては最年少。同氏は、退任したギャリー・ジョーンズ氏(58)の後任となる。

  チェンバレン氏は上場企業を運営するわけではないが、同氏の年齢は他のCEOと比較して異例のスピードでの昇進であることを示している。世界の上場企業2000社余りのランキングでは、同氏より若いのは米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏(32)だけ。

チェンバレン氏
チェンバレン氏
Matthew Chamberlain, interim chief executive officer of the London Metal Exchange (LME)

  香港取引所傘下のLMEは139年の歴史を誇り、取引所の中では唯一「リング」と呼ばれる立会場が残っている。世界の主要金属取引所で、銅やアルミニウム、亜鉛などの指標価格が設定される。

  LMEで取引するサクデン・フィナンシャルのマイケル・オーバーランダーCEO(65)によれば、チェンバレン氏は暫定的にCEOに就任するが、正式なCEOにふさわしい候補者の1人となり得る。

原題:At 34, the LME’s Newest Leader Ranks as One of the Youngest CEOs(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE