米アルミニウム生産会社アルコアの昨年10-12月(第4四半期)決算では、売上高が市場予想を上回った。アルミニウムの値上がりが寄与した。同社は昨年、航空機・自動車向け部品事業を分離した。

  24日の発表資料によれば、売上高は前年同期比3.5%増の25億4000万ドル(約2890億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト8人の予想平均は23億8000万ドルだった。

  純損益は1億2500万ドルの赤字。前年同期は8億2600万ドルの赤字だった。一部項目を除いた1株損益は14セントの黒字と、ブルームバーグがまとめたアナリスト10人の予想平均(20セントの黒字)を下回った。

  米株式市場の時間外取引でアルコアの株価は一時1.9%高を付けた。

原題:Alcoa Sales Rise in Fourth-Quarter as Metals Prices Climb (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE