24日の米株式相場は反発、3週間で最大の上げとなった。S&P500種株価指数とナスダック総合指数はいずれも過去最高値を更新した。

  この日は銅やアルミの相場上昇を材料に素材株が高い。また住宅関連株も上昇。住宅建設で米最大手DRホートンの決算に反応した。エンジニアリング関連も買われた。トランプ大統領が石油パイプラインの建設を前進させる大統領令に署名したことが手掛かり。このほか米10年債利回りが上昇し再び2.45%を上回ったことを受けて、銀行株が買われた。

  S&P500種株価指数は前日比0.7%高の2280.07。上昇率は3日以降で最大となった。ダウ工業株30種平均は0.6%上げて19912.71ドル。ナスダック総合指数は0.9%高の5600.96。

  トランプ大統領はこの日、キーストーンXL、ダコタ・アクセス両パイプラインの建設プロジェクトを推進させる2つの大統領令に署名。「一部条件については再交渉する」と述べた。

  住宅建設会社DRホートンが発表した10ー12月(第1四半期)決算は、利益が市場予想を上回るなど好調な内容となった。住宅建設株ではレナーも上昇した。

  一方でジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)とベライゾン・コミュニケーションズは下落した。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は低下し、11.1。これはここ1年の平均を27%下回る水準。

原題:U.S. Equities Climb as S&P 500 at Record on Material Stock Rally(抜粋)
原題:U.S. Stocks at Records Amid Earnings, Metals Rally: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE