ムニューチン次期米財務長官は連邦準備制度理事会(FRB)への監査を求める共和党の動きには加わらないようだ。

  ムニューチン氏は19日の指名承認公聴会の後に上院議員から「FRB決定の政治化と独立した中央銀行の利益」に関して書面で質問を受けた。

  同氏は「FRBは十分な独立性を持って金融政策と公開市場操作を遂行するように組織されている。私は近年のFRBの透明性拡大を支持する」と回答した。

  同氏はこの回答で、2015年に下院共和党が提出したものの法制化されなかった「連邦準備制度に対する監督改革および近代化法」と銘打った法案などの支持に傾かない姿勢をにじませた。同法案は金融政策決定について議会の監視を強める内容だった。

  トランプ大統領は選挙戦で、FRBが政治的な役割を演じていると批判し、独立機関としての正当性に異議を唱えたほか、オバマ政権のために低金利政策を維持していると指摘していた。

  ライトソンICAPのチーフエコノミスト、ルー・クランドール氏はムニューチン氏の発言について、「FRBの独立性に関する現時点の詳細全てではないとしても、原則を支持していることは確かだ」と述べ、「ムニューチン氏は現段階で波風を立てたくはないようだ」との見方を示した。

  
原題:Mnuchin Backs Fed Independence and Signals Reform Isn’t Priority(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE