トランプ米大統領が厚生長官に指名したトム・プライス下院議員(ジョージア州、共和党)の承認公聴会では、ヘルスケア株の積極的な投資に民主党の非難が集中した。民主党が承認プロセスを妨害しても、過半数を制する共和党は強行採決と承認に持ち込むことができる。

  上院金融委員会のロン・ワイデン議員(民主、オレゴン州)は、プライス氏がバイオ企業イネイト・イミュノセラピューティクスの未公開株を購入した当時、議会ではこの投資に影響を及ぼし得る法案が検討されていたとして、同氏の行為は「立場の悪用」にあたると批判。民主党がプライス氏の厚生長官就任を阻止するには、一部の共和党議員を説得する必要があるが、現時点で反対票を投じる意向の共和党議員はいない。

  プライス氏はワイデン議員からの質問に対し、「私の行動はすべて倫理的であり、公明正大、合法的、透明なものだ」と反論。イネイト株の持ち株数が実際より大幅に少ない数で開示されたのは「事務的なミス」だと弁明した。

Tom Price on Jan. 18.
Tom Price on Jan. 18.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

原題:Trump’s Health Pick Grilled on Stock Purchases at Key Hearing(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE