米ジャナス・キャピタル・グループの10-12月決算は34%減益となった。パフォーマンスが低調で、投資資金も流出した。

  英ヘンダーソン・グループとの合併手続きを進める同社が24日発表したところによると、10-12月の純利益は2980万ドル(1株当たり17セント)で、前年同期の4500万ドル(同25セント)から減少した。調整後1株利益は20セントで、ブルームバーグがまとめたアナリスト9人の予想である24セントに届かなかった。

  12月末の運用資産は総額1945億ドルで、前期末の1951億ドルから減少した。この減少はパフォーマンスの不振に加え、長期投資資金が3億ドルの純流出だったことが響いた。

原題:Janus Capital Profit Falls 34% as Investors Withdraw Cash (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE