トランプ米大統領は24日、キーストーンXLおよびダコタ・アクセス両パイプラインの建設プロジェクトを推進させる2つの大統領令に署名する予定だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  キーストーンのプロジェクトはオバマ前政権下で却下された。エナジー・トランスファー・パートナーズによる38億ドル(約4300億円)規模のダコタ・アクセス(全長1172マイル=1886キロメートル)については、オバマ前政権がノースダコタ州のオアヒ湖周辺での作業を停止した昨年9月以降、プロジェクトが止まっている。

  この大統領令は、議論を呼んでいる両パイプラインをめぐって、オバマ前政権の対応からの大きな離脱を意味する。トランプ大統領は石油業界に対し、より自由にインフラを拡大させる意向で、今回の動きはそうした方針を具体的に示す例となる。

原題:Trump Said to Plan Orders Approving Keystone, Dakota Pipelines(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE