英通信会社BTグループは24日、イタリア部門の評価損規模が3倍以上に膨らんだことを明らかにするとともに、英国および国際法人市場の低迷が今年と来年の業績に響く可能性があるとの見通しを示した。

  BTの株価は同日の英株式市場で一時17%安となった。同社は昨年10月にイタリア部門での不適切な会計があったと公表していたが、調査でより多くの不適切会計や慣行があったことが判明したと発表した。

  発表資料によれば、同部門の評価損は2016年10月に発表した1億4500万ポンド(約205億円)から大きく増え、同年10ー12月(第3四半期)の売上高とEBITDA(利払い・ 税金・減価償却・償却控除前利益)を約1億2000万ポンド押し下げると説明した。

原題:BT Plunges After Cutting Outlook, Tripling Writedown in Italy(抜粋)
BT Plunges Most Since 2008 on Writedown; Dividend Seen at Risk (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE