中国人民銀行(中央銀行)は24日、中期貸出制度(MLF)を通じて期間1年の流動性供給を行ったと発表した。利率は3.1%と前回の3%から引き上げた。

  人民銀は同日の資料で、期間6カ月の資金供給も実施したと公表。利率は前回の2.85%から2.95%に上げた。金融システムには計2455億元(約4兆500億円)が供給された。

  国泰君安証券の債券アナリスト、チン・ハン氏(上海在勤)は、中国当局は記録的な規模の流動性を供給する一方で、緩和シグナルを送ることを避けるため利率を上げつつあると指摘した。

原題:China Raises 1-Year Medium-Term Loan Rate to Tighten Policy (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE