1兆1000億米ドル(約125兆円)余りを運用するアムンディは円を買い、カナダ・ドルを売っている。トランプ米政権の保護主義的な政策が財政出動の効果に水を差す恐れがあるとみている。

  ロンドン在勤の通貨管理責任者ジェームズ・クウォック氏はインタビューで、「昨年11月の米大統領選でのトランプ氏勝利以来、市場は財政政策を過度に重視して米ドルを買ってきた」が、「今は通商政策の現実を見据えた修正の時だ」と語った。

トランプ大統領、TPP離脱の大統領令に署名-米通商政策を転換.

  日本のように対外収支が大幅黒字の国の通貨は貿易摩擦が生じたときに強くなる一方、カナダは経常収支が赤字のためカナダ・ドルは下落する見込みだとクウォック氏は説明。同氏のファンドは貿易摩擦悪化で利益の出るポジションを増やしたという。

  円は今年に入り対米ドルで3.6%上昇。カナダ・ドルは1.6%高と、G10通貨の大半を下回る上昇率にとどまっている。

原題:$1 Trillion Fund Buys Yen as Trade Ruckus Vexes Dollar Bulls (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE