米銀ゴールドマン・サックス・グループは24日、中国経済を支えるため政府が昨年講じた刺激策の効果が今年1-6月(上期)も続き、恐らく今後数カ月間、商品価格が下支えされるとの予想を示した。

  同行の商品調査責任者ジェフリー・カリー氏は香港でのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、中国政府の刺激策は「相当な規模で継続的だった。効果が表れるには時間がかかる」と述べ、「インフラ支出のための与信絡みの刺激策に伴う効果は、最高で1年続く可能性がある」と指摘した。

  同氏は「与信関連の刺激策が昨年多く打ち出され、今年1-6月期のインフラ需要の伸びという点で市場を特徴付ける公算が大きい。今年7-12月(下期)と2018年について今は疑問が生じているが、少なくとも商品価格の短期的な見通しを強化する」と分析した。

原題:Goldman Says Commodities to Be Supported on China’s Stimulus (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE